読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セリ人は自分でいかに販促活動をするのか?

「すばる会員」入会のご案内

 

 

 

f:id:sugimuratoshio4:20170331212438j:plain

 

 

たとえば市場の卸のセリ人が、

自分が担当する野菜をほんとに売り込んでいきたいのなら、その商品に取り組んだいきさつ、商品の来歴、品種、特性、生産者の苦労話(写真添付)で添えるとかなり面白い記事が書けます。

それがオンリーワンの価値ある情報になります。

そして、その記事を自分のブログやホームページに書き込み、それをツイッターフェイスブックで告知していくとかなりの宣伝効果がでます。

それを数年間、積み上げると博士になれます。「流通実践論」は極めた学者はまだいません。

となると産地の部会からも講演依頼がくるようになります。

会社を定年するころには卒業論文として価値ある本が残るでしょう。

それをテキストに地元大学でボランティアとして生徒たちに教えていけばいいではないですか? 

それが生きた課外授業です。

そのための勉強をいま

「すばる会員」(年会費24,000円)のお申し込みはこちら!

でしませんか?