読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春のお彼岸に供えられるおはぎ(ぼた餅)

食生活

農林水産省 maff からシェア


 
何と呼びますか?

 

f:id:sugimuratoshio4:20170320162021p:plain





春分の日を迎えた本日は、春のお彼岸に供えられるおはぎ(ぼた餅)についてご紹介。


おはぎは、その昔、「萩の花」とも「萩の餅」とも言われていたものが「おはぎ」と呼ばれるようになりました。

 

小豆の粒あんで包んだ表面に、小豆の皮の部分が散っている様子が小さな萩の花が咲いているように見えるということから名付けられました。


春には「ぼた餅」、秋には「おはぎ」という説もありますが、根拠ははっきりとしていません。


小豆は、その赤色に陽力があって、邪を祓う食物とされていたので、お彼岸に用いられるようになったと考えられています。

 

最近では、小豆の粒あん、こしあんに限らず、きな粉、ごま、青のりなどをまぶしたものなど、多様な「おはぎ」がありますね。

担当Uが食べてきたのは祖母の手作り。お彼岸には実家でお手製のものを食べる方も多いのでは?